秋 乾燥対策

空気がカラカラに乾いてきた秋の乾燥対策

春と秋、どちらも過ごしやすく快適な季節ですよね。しかし、同じ気温でも秋より春の方が暖かく感じます、これは季節風による湿度の差が原因。秋冬は湿度が低いために肌寒く感じ、その分乾燥もしやすいのです。乾燥肌の秋冬のスキンケアについて対処法を聞いてみたので良かったら参考にしてみて下さい。

1日中潤っていたい!忙しい毎日の保湿ケア

空気がカラカラに乾いてきた秋の乾燥対策

田中美恵さん・アラサー・商社の営業アシスタント

 

乾燥してしわっぽい肌なのですが、秋冬になるとさらに肌がカサカサします。オフィスの空調でも肌が乾くのでセラミド配合の化粧品で1日中保湿対策をしっかり行う事と、時間がある時は仕事帰りに2駅分歩いて新陳代謝を良くするように心がけています。

朝 7時〜 潤いを守る洗顔で優しく顔を洗う

空気がカラカラに乾いてきた秋の乾燥対策汚れを落としながらも洗顔後、肌の潤いが保てる石鹸で優しく顔を洗っています。乾燥肌用の保湿化粧品のお試しセットをいくつか試した事がありますが、洗った後に肌がつっぱる洗顔料は、絶対にリピートしません(笑)


空気がカラカラに乾いてきた秋の乾燥対策

忙しい朝は支度をしながらローションパック

何度も手で化粧水を肌にじっくりと入れていきたいのですが、朝は時間がないので無理。なのでローションパックを代わりにしています。化粧水は成分にこだわってセラミド入りを使っています。

 

昼12時〜 オフィスでは携帯ミストで肌にシュっと潤いを

保湿力の高い基礎化粧品を使うと乾燥しがちな事務所でも潤いは続いてくれるのですが、それでも肌が乾く時は携帯ミストを使っています。

 

空気がカラカラに乾いてきた秋の乾燥対策

保湿をしっかりして、美容効果の高い携帯ミストを使うのならiN-BE+v (インビィプラスブィ)の「CARBO MIST」がお薦めです。 人気の携帯ミストの詳細を見てみる>>

 

夜19時〜 帰宅時は2駅分歩く

早く帰れる時は2駅分(約2キロ)、歩くようにしています。早歩きで新陳代謝を活発にして身体の中からも潤うように!

 

夜21時〜 ラップを使ったパックで潤い増加

空気がカラカラに乾いてきた秋の乾燥対策

 

朝の行ったローションパックの上からラップで覆い、しっかりと肌を潤わせます。時間がある時はお風呂で。

 

ラップパックを行うとすごく肌の調子が良いです。

美恵さんが使っている乾燥肌用の基礎化粧品

空気がカラカラに乾いてきた秋の乾燥対策

意外とシンプルな保湿ケアをしている美恵さん。使っている基礎化粧品が保湿効果・保水効果の高いヒト型ナノセラミドが配合されたアヤナスなので余計なものを肌につける必要がないのでしょう。

 

乾燥肌対策コスメ・アヤナス詳細 >>

「セラミド入り」化粧品で秋の乾燥対策はバッチリ

基礎化粧品を選ぶ時は、保湿成分の配合の有無をチェックする事をおすすめします。肌に水分はもちろん必要ですが、それよりも大切なのはその水分を留める「保水力」。

 

角質層は10〜20%の水分を保持しています。角質細胞がブロックのようにキレイに並んだすき間を細胞間脂質が埋め、潤いを保ち、外部からの異物や雑菌の侵入を防いでいるのです。

 

しかし、ストレスや生活環境によってこのバリア機能が衰えると、皮脂と水分のバランスが崩れ、トラブルが起こりやすくなります。過剰な皮脂分泌によるニキビや肌荒れ、乾燥や敏感肌など、その根本的な原因が水分不足にあることはとても多いのです。

 

セラミドは細胞間脂質の約6割を占める保湿成分ですが、加齢やストレスなどさまざまな要因によって減少してしまいます。セラミドの不足は肌の水分不足につながりますから、ぜひとも補いたいですね。

 

肌の保水力を高めて潤い美肌を長時間キープするセラミド化粧品特集→

 

 

 

最近はどこへ行っても空調が整っているため、年間を通じて保湿ケアが重要です。夏でも肌がつっぱる、皮脂は充分なのに肌の内側は砂漠状態…といったインナードライ肌に悩まされる人も増加しています。加えて、空気そのものが乾燥しやすい秋から冬にかけては肌の状態に応じて基礎化粧品をチェンジするなど対策を取りましょう。汗や紫外線の次は乾燥…、肌を取り巻く環境は年々苛烈になっています。しかし、正しいケアを早め早めに行えば決して大変なことではありません。乾燥肌の洗顔対策:寝ている間の汚れを落とす為に朝の洗顔は必要ですが、落とし過ぎは厳禁。洗顔料を使った後に、肌がもっちりしていれば今のお肌にあった洗顔料だと考えられます。乾燥肌の化粧水:朝は時間があれば少量ずつ数回に分けて肌に押し込むハンドプレス法が理想的ですが、支度をしながら水分補給できるローションパックでもよいでしょう。専用のシートではなくてコットンやティッシュを使っても大丈夫です。セラミド入りのローションは乾燥対策におすすめ。水分が長時間肌に閉じ込められるので潤いが続きます。最後に必ず乳液やクリームで膜を作り、みずみずしさを保つようにしてください。携帯ミストで気を付けたい事:昼の間にスプレーするとよいとされるミストタイプの化粧水も、単に水分を補給するだけでは逆効果になることがあります。保湿成分が入っていないと、水分はすぐに蒸発し、その際に肌の潤いも一緒に奪われてしまうからです。