ホテル 乾燥

ホテルに泊まるとお肌がパリパリに!乾燥防止方法は?

ホテルに泊まった翌朝、起きたら喉に痛みを感じたり顔がパリパリだった…こんな経験はありませんか?これらはホテル特有の乾燥によるものです。最近はエアコンのないホテルなんて探す方が難しいほど。それだけ季節に関係なく、空調は整えられているということですね。

 

しかし、快適ではありますが、気になるのは湿度。まずは自分でできる乾燥防止策を取りましょう。

ホテルの加湿器を貸してもらう

最近は、加湿器を貸し出してくれるホテルが増えています。予約の際などに加湿器の貸し出しが可能かどうかホテルに確認しておきましょう。

バスタブにお湯をはる

バスタブにお湯を張り、浴室のドアを開けっ放しにしておくと部屋が程よく加湿されます。加湿器がホテルにない場合などは特におすすめです。

洗濯物や濡れタオルを吊るす

枕元に洗濯物や濡れタオルを吊るしておくのも有効です。その際は水が滴らない程度に軽く絞るのがポイント。手っ取り早く湿度を挙げたい時は、濡れタオルを振り回すとよいでしょう。

マスクをつけて寝る

もし気にならなければマスクをかけて寝るのもおすすめです。乾燥からのどを守ります。

水は常時準備

体の内部の水分を補うことも忘れずに。すぐに飲めるよう水を準備しておきましょう。夜は枕元に飲み水を置いておく事をおすすめします。

スキンケアはもちろん必須

化粧水、乳液などのスキンケアは必須です。普段より念入りに行うようにしましょう。男性も、アメニティの化粧品を使って保湿しておくと、翌朝の乾燥や、それを補うための過剰な皮脂分泌を軽減することができます。

 

こんな乾燥対策をする人も【おすすめはしません1!】

少々乱暴ですが、気候的に乾燥している海外のホテルなどでは、寝る前に部屋のカーペットに「水をまく」強者もいるそうです。色が変わるほどびしょびしょにしても、朝にはキレイに乾いているというのですから、乾燥具合が半端ではないことが想像できることでしょう。これが自分の肌だったら…と思うとゾッとしませんか?

 

こんな乾燥対策をする人も【おすすめはしません2!】

髪を完全に乾かさず(生乾き)くらいにして、加湿器代わりにする人も。しかし髪の毛には良くないのであまりおすすめできません。

 

除湿する為にエアコンフル稼働のホテルの部屋。お肌や体調管理の為にも、乾燥対策はしっかり行いたいですね。

 

お肌を乾燥から守る化粧品特集 >>