飛行機 乾燥

飛行機に乗って肌がカピカピに乾燥する理由と対策

飛行機に乗って肌がカピカピに乾燥する理由と対策

乗り物の中はおおむね空気が乾燥しますが、その中でも極端かつ過酷なのが飛行機。国際便など長時間のフライトともなれば、機内の湿度が20%以下にもなるそうです。60%を切ると肌の水分が失われ始めると言われているのに、これではガビガビの砂漠状態になってしまうこと間違いなしですね。

飛行機での乾燥の防ぐ7つの方法

メイクを最小限にとどめる

ファンデーションなどは塗らない方が無難です。できれば化粧水と乳液またはクリームをつけるだけにしてください。

保湿化粧品を持ち込む

100ml以下の容器に入れ、さらに容量1L以下の透明プラスチック袋に入れる必要がありますが、あらかじめ準備しておけば機内に化粧水などの液体を持ち込む事は可能です。

【オススメ】化粧水の浸み込んだコットンを持ち込む

おすすめはコットンに化粧水をたっぷりしみこませたものをチャック袋に入れておくこと。簡単なパックもできて重宝します。市販のシートパックでもOKです。

マスクをする

マスクをかけておくとのどを守るだけでなく潤いを保つ効果もあるので試してみてください。寝る時にはアイクリームをつけてアイマスクをかけると効果的です。

水分はこまめに補給

体の内側から水分を補うことも重要です。

座席に濡れタオルをかけておく

自分の座席の周りを加湿できます。乾いたらまた濡らしてかけておきましょう。

髪の乾燥対策

飛行機に乗る前にヘアオイルやアウトバストリートメントをつけると髪の乾燥を防げます。

 

楽しい旅行は飛行機に乗る所から始まっています。乾燥対策をしっかりして、素敵な思い出を作りましょう!

飛行機は高度10000m以上を飛びますが、この時外気温はマイナス50度という信じ難い低さになっています。この空気をエンジンの力で温めて機内に送風することで快適な気温が保たれるのです。また、外気温との差が激しいために結露が計器類に影響を与える可能性を考慮してあえて水分を除去する装置が働いています。飛行機の乾燥は安全と引き換えというわけですね。しかし、肌のためによくないことには変わりありません。海外旅行など、長く飛行機に乗らざるを得ない場合には、機内でも乾燥防止のケアがしやすい状態にしておきましょう。ローションは乳液、クリーム、リップクリームで唇の乾燥対策などしっかり行いましょう。