ローションパック 保湿

自宅で出来るローションパックの注意点と効果的な方法

自宅で出来るローションパックの注意点と効果的な方法

肌の乾燥対策やうっかり日焼けしてしまった時の応急処置として効果的なローションパック。パック用のシートは今や100円ショップでも入手できるので日常のケアに取り入れている人も多いでしょう。より手軽に行いたい場合はティッシュやコットン、キッチンペーパータオルなどでも充分です。

経済的!ローションパックの効果的なやり方

ローションを浸み込ませたシートを顔にのせる
  1. ローションパックは化粧水を使うのが基本ですが、ひたひたになるまでにするには結構な量を消費してしまいます。そこでまず精製水や、気にならなければ水道水で濡らしておきましょう。
  2. 軽く絞ったら化粧水を加えます。
  3. ぼたぼた落ちない程度に浸み込ませたら、顔に乗せて数分待つだけ。

 

朝のメイク前にもできるこの方法、乾燥しがちな肌には嬉しいですね。事前に浸透力を高めるブースター美容液をつけておくとより効果が感じられるでしょう。

 

注意点

よくあるのが、長時間やればその分肌が潤うと勘違いして、パックがカラカラに乾くまで乗せておくこと。ローションパックは水分を補給する手段であり、それだけで保湿が完了するというものではありません。いくら補っても放っておけば水分はどんどん蒸発します。それだけでなく、角質層の水分まで奪うため、余計に乾燥が進んでしまうのです。

 

また、肌が濡れていると角質層は柔らかくなり、外部からの刺激を受けやすくなるということも忘れないでください。浸透力が高まる一方で、傷つきやすくもなるのです。ローションパックはせいぜい3分まで、それ以上はデメリットの方が大きいと言えるでしょう。

 

ローションパックを外した後
  1. パックを外したら手の平で肌に残った水分を押し込むようにしましょう。このひと手間でぐっと感触が違ってきます。
  2. その後、必ず乳液やクリームを伸ばして、肌に膜を作ってください。

 

乳液やクリームは水分を保持するためには欠かせないプロセスです。脂性肌の人はべたつくからと敬遠しがちですが、皮脂が充分だからと言って潤いも足りているとは限りません。「さっぱりタイプ」など肌質に合ったものを選び、化粧水の後に使うようにしましょう。

 

時間をかけずに簡単に出来る保湿対策。ぜひ、積極的に取り入れてみてくださいね。

 

潤いに満ちた肌へ近づく!
保湿成分たっぷりの化粧品特集>>

「過ぎたるは及ばざるがごとし」、ローションパックもやりすぎては逆効果です。正しい方法で行うようにしましょう。

自宅で出来るローションパックの注意点と効果的な方法関連ページ

米ぬか化粧水
馬油