米ぬか化粧水

▼続きを見る

米ぬかは美白・美肌には見逃せない成分の宝庫

保湿、美肌に効果的!米ぬか化粧水の作り方

かつて日本が開国した時、外国人は皆一様に日本女性の肌の美しさに驚嘆したといいます。キメが細かく、しっとりした肌は「日本が誇るべき宝」とまで評されたとか…。その秘密は、米ぬかを使ったスキンケアにありました。日本人は米の持つ力を早くから知っていたようで、米のとぎ汁で洗顔したり、米ぬかを詰めた「ぬか袋」で体を磨きたてていました。

米ぬかの美容成分

保湿成分であるセラミドだけでなく、メラニン色素の生成を抑制するY‐オリザノールや皮膚の代謝を促進するビタミンB群などが豊富に含まれています。美白・美肌には見逃せない成分の宝庫と言えるでしょう。

米ぬかを使った手作り化粧水

米ぬか化粧水の作り方は意外に簡単です。

  1. 米ぬか15gに大さじ1の日本酒と水(精製水)180tを合わせ、鍋で沸騰させないように加熱します。
  2. 弱火で2分ほどかき混ぜながら温めたら、火からおろして自然に冷ましましょう。
  3. 冷めたら保存用の容器に移し、グリセリン5tを加えて混ぜます。
  4. 作った分はなるべく早く(2、3日以内)に使いきってください。

 

米ぬかは米穀店や精米所でほとんどの場合無料で手に入れることができますが、もし自分で手に入れるのが難しければ、お米の力を使った保湿化粧品を使ってみてくださいね。

 

保湿、美肌に効果的!米ぬか化粧水の作り方

下記に、医薬部外品として認められてる肌の水分保持機能を唯一改善できる成分「ライスパワーNo11」を配合した保湿化粧品を紹介しますね^^

ライスパワーNo11を含んだ
米肌はコチラ >>

 

米ぬかパックの作り方と使い方

米ぬかパックは小さじ2の米ぬかと大さじ1の米ぬかを混ぜ、少しずつ水を加えながら練っていきます。液体ノリくらいの粘度になったらラップをして20分ほどおいて完成です。

 

洗顔後、お風呂や蒸しタオルで毛穴を開いてからパックを載せ、乾くまで待ちましょう。目や口の周りなど皮膚の薄い部分は避けてください。ぬるま湯で洗い流した後はしっかり保湿することを忘れないように!

米ぬかを使う時の注意点

いいことづくめのような米ぬか美容法ですが、難点は保存がきかないこと。その都度材料を揃えて作りたてを使うようにしてください。

手作りは面倒。でも簡単に済ませたい

米ぬかに水を加えてマッサージするだけでも効果があると言われています。先人の知恵に従って試してみてはいかがでしょうか?

 

その他、米ぬか同様お米のパワーに着目したKOSEの米肌も人気です。

 

お肌のしっとり成分、セラミドを作り出すライスパワーNo.11が入ったスキンケアシリーズは、肌がもちもちになると30代、40代女性から選ばれています。

 

1,500円でトライアルセット一式試せるので、興味がある方はチェックしてみると良いですね。

ライスパワーの力で肌が潤う「米肌」
感想はこちら>>

 

 

保湿、美肌に効果的!米ぬか化粧水の作り方関連ページ

馬油
ローションパックの注意点と効果的な方法