セラミド 化粧品 化粧水

乾燥対策の最強成分といえば!セラミド化粧品

保湿成分といえば、セラミドの他コラーゲン、プラセンタ、ヒアルロン酸などもありますが、セラミドが優れている点は水分保持力。

 

つまりセラミド入りの化粧品を使うと、乾いた肌に浸み込んだ水分が長時間ぷるぷるに保ってくれるのです。

 

化粧水を何度重ね塗りしても肌が乾く・・・という方はセラミド配合化粧品、もしくはセラミドを肌自ら作り出すパワーを生むコスメを使ってみる事をおすすめします。

【最強】セラミド化粧品ランキング

アヤナス(ディセンシア)

【最強】セラミド化粧品|化粧水を重ね塗りしても肌が乾く人に

通常のセラミドの3倍もの保水力があり肌になじみやすいヒト型セラミドを使用。特許取得のクリームが肌にバリアを作り、肌にハリや弾力をもたらすように肌の生まれ変わりをサポートします。たっぷり長時間保湿+エイジングケアしたい方に。

主な保湿成分
保水力の高いヒト型セラミド(バイオセラミド・天然型セラミド)

どの年齢の人に人気? トライアルセット価格
20代後半、30代、40代、50代 1,480円

美肌サイクルを作るアヤナスで自ら潤う力もアップ!

アヤナスの感想はこちら>>

ノブV(常盤薬品)

美容液、乳液、保湿クリームに天然型セラミド(ヒト型セラミド)が含まれ、長時間潤いが続きます。

 

皮膚科でも取扱いのあるドクターズコスメ。 季節の変わり目や生理前など、体調が悪くなると肌荒れしやすい人でも使える低刺激保湿化粧品。

主な保湿成分
保水力の高いヒト型セラミド(バイオセラミド・天然型セラミド)

どの年齢の人に人気? トライアルセット価格
30代、40代、50代 1,500円

皮膚科でも取り扱っている保湿化粧品

ノブVの感想はこちら >>

ヒフミド(小林製薬)

【最強】セラミド化粧品|化粧水を重ね塗りしても肌が乾く人に

洗顔、化粧水、クリーム、UVなど全てに保湿成分ヒト型セラミドを配合で、お肌がとてもしっとりします。

 

新聞広告などでも有名な保湿化粧品。冬の乾燥による肌のかゆみ対策や赤み対策にも。

主な保湿成分
保水力の高いヒト型セラミド(バイオセラミド・天然型セラミド)

どの年齢の人に人気? トライアルセット価格
40代、50代、60代 980円

ヒフミドの感想はこちら>>

米肌(KOSE)

【最強】セラミド化粧品|化粧水を重ね塗りしても肌が乾く人に

セラミドを自分で作り出し水分保持機能を改善するライスパワーNo.11を使用。

 

肌自らの潤い力を高めて、乾燥によるシワ、毛穴、たるみなどの改善を目指します。すっぴん力を高めたい方に。

主な保湿成分
セラミドを作るライスパワーNo.11

どの年齢の人に人気? トライアルセット価格
30代、40代、50代 1,500円

米肌の感想はこちら>>

つつむ(ディセンシア)

人肌になじみやすいヒト型セラミドを使用した、超乾燥肌向け保湿化粧品。

 

季節の変わり目など、普段使っている化粧品でも肌荒れがしてしまうなど、肌が敏感になりがちな人にも優しい保湿成分セラミドが全商品アイテムに含まれています。

主な保湿成分
保水力の高いヒト型セラミド(バイオセラミド・天然型セラミド)

どの年齢の人に人気? トライアルセット価格
20代、30代 1,470円

【最強】セラミド化粧品|化粧水を重ね塗りしても肌が乾く人に

つつむの感想はこちら>>

セラミド化粧品の選び方

化粧品に配合されているセラミドには大きく分けて3つの種類があります。

ヒト型セラミド(バイオセラミド・天然型セラミド)

人間の肌にもともと存在しているセラミドを分析して酵母から作ったのがバイオセラミドです。保湿力や浸透力は天然セラミドに匹敵するとされ、多くの化粧品に採用されています。

植物セラミド

最近注目されているのがコンニャクから抽出する植物性セラミド。アレルゲンになりにくく、安価なのが特徴ですが、保水効果はヒト型セラミドに比べて低くなります。

合成セラミド、合成擬似セラミド

石油原料から、セラミドに似た構造の保湿成分を化学合成したものです。安く生産できるので市場によく出回っていますが、保湿・保水といった点からヒト型セラミドに劣ります。

 

上記から見てわかるように、保湿、保水効果を求めるのであれば「ヒト型セラミド(バイオセラミド)」配合の化粧品がお薦めです。(例:アヤナス

 

もしくは、セラミド配合ではないけれども、自らの肌がセラミドを作リ出す「ライスパワーNo.11」を配合した化粧品も良いでしょう。(例:KOSEの米肌

 

化粧水の付け方にも工夫を

化粧水のつけ方にもひと手間かけてください。たくさんつけるのがよいからといって、ぱしゃぱしゃ顔にはたいて終わり、ではせっかくの効果も半減してしまいます。少量ずつを重ね塗りするようにして、化粧水で水分の層を作るつもりで行いましょう。手の平が吸いつくぐらいを目安にすると乾燥しにくくなります。

化粧水を重ね塗りしても肌が乾く!という方にオススメ

アヤナス(ディセンシア)

【最強】セラミド化粧品|化粧水を重ね塗りしても肌が乾く人に

通常のセラミドの3倍もの保水力を持つヒト型セラミド(バイオセラミド)を配合。肌の奥まで浸透していき、潤いを長く保ちます。保湿化粧水の他、特許を取得している技術を使った肌の生まれ変わりをサポートする保湿クリームも素晴らしく、アヤナスのトライアルセットを購入すると化粧水と一緒にこちらのクリームも付いてきます。

主な保湿成分
保水力の高いヒト型セラミド(バイオセラミド・天然型セラミド)

どの年齢の人に人気? トライアルセット価格
20代後半、30代、40代、50代 1,480円

美肌サイクルを作るアヤナスで自ら潤う力もアップ!

アヤナスの感想はこちら>>

肌の乾燥を防ぐためには水分をしっかり補うことが必要です。しかし、ただ化粧水をつければいいというわけではありません。よく「フタをする」と言いますが、乳液やクリームなど、適度な油分で水分を肌の内側にとどめるようにしましょう。また、化粧水など基礎化粧品も見直してみてください。保水力、つまり肌に水分を保持する働きのあるものを選ぶとより効果的です。肌の水分自体の量は、実は乾燥肌でも理想的と言われる普通肌でもあまり変わりません。重要なのは限られた水分を肌がキープできるかどうかなのです。その違いは角質細胞のすき間を埋める細胞間脂質にあります。細胞間脂質の半分以上を占める成分であるセラミドは、水分を抱え込んで肌の潤いを保ち、外部からの異物や雑菌の侵入を防いでいます。加齢やストレスなどで減少すると乾燥や肌荒れの原因となりますので、ある程度の年齢になったら補うようにするとよいでしょう。動物由来の天然セラミド最も効果が高いとされるのが動物由来の天然セラミド。人間の肌に浸透しやすく、継続して使うとセラミドが増える働きもあるそうですが、どうしても価格は高めになります。そこでセラミド入りの化粧水、クリームなどを選ぶ時は「ヒト型セラミド」(バイオセラミド)タイプを選ぶようにしてください。人間の肌に元々存在しているセラミドを分析して作られたセラミドです。バイオセラミドや植物性セラミドなど、手に取りやすい価格でも効果の高い成分を配合した化粧品が増えています。一度ドラッグストアなどでチェックしてみてください。化粧品の成分表示に「セラミド」と表記できるのはこの三つです。購入前に必ずチェックするようにしましょう。