日光アレルギーの人の保湿ケア

地球環境の変化に伴い、地表に降り注ぐ紫外線量は年々増加しています。

 

そのせいでしょうか、日光アレルギーの症状に悩まされる人も増えてきているようです。

 

日光アレルギーには紫外線そのものに反応して発赤や湿疹、腫れなどが起こる日光湿疹や内服・注射薬が紫外線に当たることで皮膚のタンパク質と結合し、アレルゲンとなる

 

もので、同じ条件が整えば数日後に同様の症状が表れる日光過敏症などがあります。

 

柑橘系のアロマオイルなどによる日光接触性皮膚炎もこれに含まれます。

 

最善の予防策

日光アレルギーの場合、原因となる日光を避けるのが最善の予防策ではありますが、そうもいきませんよね。

 

日焼け止めをつける、UVカット効果のある帽子や手袋などを着用するなど、まずはできることから始めてください。

 

また、アトピー肌に準じたスキンケアが効果的です。

 

乾燥によって肌のバリア機能が損なわれ、刺激に弱くなっているので、保湿効果の高い基礎化粧品でケアすることをおすすめします。
アトピー肌の人の多くが、先天的に保湿成分であるセラミドが極端に不足しているそうです。

 

セラミド

それを補うために化粧品に配合されているセラミドには動物由来の天然セラミドやその成分を研究して同程度の効果を得られるよう合成したヒト型セラミドがあります。これらを使用しているものには「セラミド」の表示がありますので、選ぶ際には参考にしてください。「ビオセラミド」「セレブロシド」「セラミド番号」も同じ意味です。化粧水がピリピリして使えない時は、こだわらずにクリームや乳液だけで済ませてもよいでしょう。

 

最近、コンニャク芋にセラミドが豊富に含まれていることがわかってきました。積極的に摂取して、内側からもセラミドを増やすよう努めてくださいね。

 

 

自分でケアできるにこしたことはありませんが、あまりにも炎症や発赤がひどい時には皮膚科を受診するようにしてください。意外に日光アレルギーと気づかずにケアが不充分になる可能性もあるのです。日焼けならまだしも、アレルギーとなっては悩みも深くなることでしょう。保湿ケアをしてもよくならない場合には疑ってみてください。


日光アレルギーの人の保湿ケア関連ページ

冬の乾燥肌。実は紫外線が原因だった!【日焼け止めの選び方】