弱酸性

肌の弱酸性はなぜ必要なのか?

洗顔料や基礎化粧品のCMで「お肌と同じ弱酸性」というキャッチコピーを耳にしたことはありませんか?
何となく肌によさそうなイメージはありますが、今や常識のようになっているこの言葉、実は正しく理解していない人もかなりいるのではないでしょうか。

 

酸性・アルカリ性とは、水溶液の濃度を示すものなので、本来人間の肌には適用されません。水中における水素イオンと水酸化物イオンの数が等しければ中性、いずれかが多ければ酸性・アルカリ性となりPH(水素イオン濃度指数)で表されます。

 

「肌が弱酸性」と言われるのは、角質層に含まれる水分がPH5〜6.5くらいの微酸性であるためです。よりわかりやすくするためにこのような表現になったのでしょう。

 

石けんや洗顔料

一方、石けんや洗顔料など、体の汚れを落とすためのものはアルカリ性であることがほとんどです。もともとのPH 値(角質層の場合は5〜6.5)を等電点と言いますが、タンパク質はこれよりもアルカリ性になるほど柔らかくふやけるという性質を持っています。

 

また、皮膚には一時的にアルカリ性に傾いたとしても自然に元の状態に戻る中和能と言う特性もあるので、通常は問題ないでしょう。化粧水などの浸透がよくなるというメリットもあります。

 

しかし、刺激に弱くなることは事実なので、熱すぎるお湯で洗い流したりタオルで水気をゴシゴシ拭き取るようなことは避けてください。石けんで赤くなる、ピリピリするなどの症状が表れる場合は敏感肌、もしくは肌が過敏になっている可能性があります。

 

肌には常在菌と呼ばれる細菌類が多数存在しています。ニキビの原因となるアクネ菌もその一つ。これらはもともとは肌にとって悪いものではありません。必要以上に増えてしまうことでトラブルが起きやすくなるのです。

 

肌の弱酸性

肌の弱酸性とは便宜上の言いまわしです。しかし、肌にとっては最も望ましい状態であることには変わりありません。乾燥対策はすなわち肌のPHバランスを整えることでもあります。

 

弱酸性が保たれていれば極端に増殖することはありませんが、乾燥などによって皮脂膜の形成がうまくできなくなるとそのバランスはたちまち崩れてしまいます。しっかり保湿して、乾燥を防ぎましょう!