顔の粉が吹く 痒み はたけ

顔が乾燥で粉吹き状態に。はたけになる人も。

顔の粉が吹いて痒い!肌の改善ができるスキンケアは?

顔が粉を拭いてしまう最大の原因は「乾燥」。肌にとっては65〜75%程度の湿度が適当と言われていますが、冬になると湿度が毎日のように60%を下回るようになってしまいます。エアコンの効き過ぎも同様。肌は充分な水分を得られないばかりか、奪われてしまうというわけです。

 

乾燥がひどくなると顔の一部に白癬菌などが付着して白くなる「はたけ」も起こる事もあります。子どもの病気と思われがちですが、大人でも条件が整えば発症するので注意が必要です。

保湿成分を肌に貯める<乾燥肌専用>のスキンケアを使う

顔の粉が吹いて痒い!肌の改善ができるスキンケアは?

肌のバリア機能が落ちていると<保湿成分が蒸発し乾燥がすすむ>

顔の粉が吹いて痒い!肌の改善ができるスキンケアは?

 

角質層は垢としてはがれ落ちていく角質細胞と細胞間脂質がレンガのように組み合わさって成り立っていますが、外的・内的要因でこの構造が崩れるとたちまち乾燥が進んでしまうのです。そして角層が乱れバリア機能が落ちた肌に、保湿成分を入れてもすぐに蒸発してしまいます。

 

バリアを作り出す保湿化粧品でしっとり成分を吸収する肌へ

バリア機能の回復は自力ではなかなか難しいもの。しかし乱れた角層をつつみ、正常なターンオーバーを取り戻す時間を作るディセンシアのアヤナスなら肌本来のバリア機能を高めてくれます

アヤナスの特許技術を使ったクリームの効果

顔の粉が吹いて痒い!肌の改善ができるスキンケアは?

  1. 美肌サイクルを創り出し肌の生まれ変わりをサポート
  2. 美肌成分の入りやすい肌へ
  3. コラーゲン生成をサポート

 

バリア機能が衰え乾燥がすすみ敏感になった状態の肌は、なんと-10歳以上老けて見える事も

 

粉がふいてひどい乾燥肌に悩まされている方は、保湿機能に加え、バリア機能に注目したコスメで肌の潤い力を高める事をおすすめします。

 

 

保湿+肌のバリア機能を回復してひどい乾燥肌対策を!
  アヤナスの詳細はこちら→

 

 

 


冬になると口の周りや頬、小鼻のつけ根などが粉を吹いてかゆい…乾燥肌の人なら覚えがあるのではないでしょうか?人間の肌はもともと適度な潤いを保持する働きがありますが、その他に空気中からも水分を吸収して補っています。最近は空調が整い過ぎている建物も多いため、一年中こうした症状に悩まされることも多いようです。乾燥の原因としては空気乾燥の他に間違ったスキンケアが挙げられます。かゆみを伴う乾燥はそれだけでストレスを感じるもの。現代では保湿は年間を通じて力を入れるべきですね。肌の水分は皮脂と汗などの水分が混ざり合ってできた皮脂膜、顆粒層に存在するNMF(天然保湿因子)、そして細胞間脂質の3つがバランスよく機能することによって保たれています。皮脂膜は天然のクリームともいうべきもので、外部の刺激や異物の侵入、水分の蒸発を防ぐ働きがあります。水分保持機能は全体の2%ほどですが、角質層の潤いを守るという大切な役割を担っています。この角質のケアに加え、洗顔時に気を付けたいもの。汚れを落とそうとして洗浄力の強い洗顔料を使ったり、ゴシゴシこすったりしていませんか?熱いお湯も必要な皮脂まで取り去ってしまうので、人肌程度のぬるま湯で洗い流すようにしましょう。洗顔後の肌は柔らかくなって刺激に弱くなっていますが、浸透力も高まっているので、化粧水を少量ずつ、ハンドプレスで押し込むようにつけると効果的です。その後はクリームや乳液を軽くマッサージしながら伸ばしましょう。

 

顔の粉が吹いて痒い!肌の改善ができるスキンケアは?関連ページ

皮がむける
乾燥肌のファンデーション選び